【渋谷区】学童が必要とされている理由を徹底調査!

学童保育

たくさんの人が集まる渋谷区では、街の都市開発がいたるところで進み、子どもがのびのびと遊べる公園は、限られてくるようになりました。

 

さらに核家族が増え、地域のつながりも余り持つことがなくなったことで、小学校が終わってからの過ごし方に新しい変化が起こっています。

 

共働き世帯の多くは「学童」を利用し、安心して預けられることから、その需要は、年々高まってきました。

 

そして近年では、保育園の待機児童問題と並び、学童不足が懸念されています。

 

いま、学童が必要とされる理由について、詳しくまとめてみました。

 

学童保育とは?

 

学童保育とは、保護者が仕事などで自宅に居ないときでも、児童が放課後も安心して勉強や遊びができるよう、見守る場所を提供する「保育事業」のことです。

 

対象となる児童は、プレスクールと呼ばれ、2歳児から対象のものと、小学校1年生~6年生までです。

 

自治体の運営する公立学童によっては、保護者の就労で自宅に居ない家庭に指数を付けて、優先的に入所するところもありますが、渋谷区では、保護者の就労に関わらず、学童の利用を希望する全ての児童が申し込むことができます。

 

学童保育の名前のほかにも、学童クラブ、放課後児童クラブと呼ぶ自治体もあり、略称として学童と呼ばれていますね。

 

行政が行う学童は、公立学童と呼ばれており、民間学童とは、違いがあります。民間学童は、より教育色を出して運営しており、単に児童を預かるだけではなく、預かりの時間を利用して、習い事などを行います。

 

渋谷区をカバーする民間学童のBunBu学院は、英語、そろばん、プログラミングなどのカリキュラムを用意しています。

 

 

渋谷の公設クラブを調べてみた!

渋谷の公設クラブ

 

公設とは「自治体」が運営している公立学童のことです。つまり渋谷区が運営している学童ということですね。

 

渋谷区の学童保育は「放課後クラブ」と呼ばれ、区内それぞれの小学校に設置されています。

 

利用するには会員登録が必要になり、毎月20日までに申請すると翌月から利用を始められます。

 

この登録も渋谷区では、いくつか規定があるので、それぞれまとめてみました。

 

会員登録の区分

【A会員】

会員に該当しない児童

学校授業が行われている月~金曜日の放課後から利用することができ、時間は17時まで利用することができます。

≪注意≫給食がない日は、利用することができません。

 

【B会員】

就労のため、放課後に保護者がいない児童

学校授業が行われている月~金曜日の放課後から利用することができ、時間は18時まで利用することができます。

長期休みや土曜日も就労で保護者がいない場合、18時まで利用することができます。

 

多様化した時代だからこそ学童保育が必要な理由

 

公設の場合だと、利用できる時間も会員によって異なっていますね。

 

さらに渋谷区は、この規定のほかにも、スポーツ安全保険の加入が必須となっています。

学童の受けられる時間で、仕事を調整する共働き世帯はうまく活用できると思いますが、なかには夜遅くまで仕事をしている世帯もありますよね。

 

そんなとき頼りになるのは「民間学童」です。

 

【自治体公立と民間学童の違い】民間学童を調べてみた!

民間学童

 

「民間学童」は、自治体以外の企業などが運営している学童です。

 

両親の就労とは関係なく、何歳からでも利用できるメリットがあります。BunBu学院もこの民間学童のひとつですね。

 

民間学童は、公設クラブとは違い、様々なサービスが充実しています。最近では、習い事を複数もっている世帯も少なくありませんよね。

 

英語、体操、そろばん、書道など、多彩なプログラムを学童と組み合わせて利用することができます。

さらに放課後の時間に合わせてお迎えにきてくれたり、自宅まで送り届けてくれる送迎サービスがあるのも魅力のひとつです。

 

学校から向かう途中で、事故や犯罪に巻き込まれたりする心配がなく、仕事終わりにそのまま自宅に帰れる余裕もできますね。

 

民間学童のメリット

 

BunBu学院が運営する民営学童のメリットは、様々なニーズに合わせた利用ができるところにあります。

各ご家庭ごとに事情が違いますので、その事情にあったプランをご提案しています。

 

子どもたちの自主性を尊重し、成長過程でとても大切な基礎となる「学習」「体力」「知識」を学びながら、最長22時までのお預かりでご家庭をサポートいたします。

 

 

勉学はもちろん、スポーツや音楽など多彩なカリキュラムからお選びいただけますので、放課後の時間も充実した毎日を送ることができますよ。

 

プロの講師たちが「文武両道」を育むお手伝いをおこない、一人ひとりの個性を大切にするBunBu学院ならではの学童プログラムです。

 

【まとめ】生活ニーズに合わせた学童で子どもたちを守ろう

 

共働き世帯だけでなく、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話や、自身の親の介護など、日々の時間を有効活用するための方法としても学童の必要性はとても重視されています。

 

子どもたちを育てていくのはいまを生きる大人たちです。

 

BunBu学院も子どもたちのより豊かな成長を願って、これからの学童生活を充実させて行こうと思います。

Follow me!