渋谷から通える学童保育!BunBu学院からグローバルな力を育む

 

「将来を考えて小さなころから英語を習わせたい」と検討する家庭や、「子どもが放課後の時間を有意義に過ごすためには」と思っている共働きの家庭が、最近では増えていると言われています。

 

また、デジタル社会の現代において、仕事のスタイルも多様化して、インターネットを通じて仕事をする場所や内容が国内・国外問わずシームレスとなってきました。

 

 

そうした背景があり、グローバルと言っても英語を学ぶだけではなく、国際理解力を育む教育が注目されています。

 

今回は、グローバル社会を生き抜くための力を育むために、学童保育のBunBu学院が大切にしている教育をご紹介します。

 

個性・創造性を伸ばす機会の提供

 

BunBu学院では、子どもの個性や能力を大切にして生かす「天分を伸ばす教育」をおこなっています。

 

 

この教育には、パナソニック創業者である松下幸之助氏の「本領を生かす」という理念をベースとしてあり、マニュアル通りの思考や常識にとらわれず、自由で枠にはまらない発想と知ることへの欲求や知りたいと思う心が養われ、子ども一人ひとりが自分の「好きなこと」や「得意なこと」を発見することができるようになります。

 

BunBu学院は、子どもの豊かな個性と自由な創造性を尊重して伸ばす活動の機会と場を提供します。

 

 

自己表現力を上げてコミュニケーション力をつける

 

子どもは、年齢が経つにつれて、社会性や協調性が重要となっていきます。

 

自分の言葉で思いや考えを相手に伝えて、コミュニケーションを円滑にして、他の人と協力して物事を進めていく能力は、家庭や学校など周りの人たちとの日々のコミュニケーションを図ることで、社会性や協調性の経験を積んでいき、相手の立場になっていたわる気持ちや行動を身つけていきます。

 

 

その中で、自己表現が上手くできないと相手に「自分はこう思っている」「こんな考えをしている」ということが伝わりづらく、誤解を招いてしまうことがあり、周囲と馴染めなくなり社会性や協調性、相手を思いやる心が、身につかないまま成長してしまう可能性があります。

 

そうした状況にならないためにも、BunBu学院では、自己表現力を高めるために日常的に会話を増やし相手の言葉をしっかりと聞く力も育んでいきます。

 

 

将来、国内外問わず会話を通じて誰とでも意思疎通を図る力を身につけ自己表現が上手な子どもへと成長します。

 

 

将来の夢や志を育みチャレンジ精神を身につける

渋谷から通えるbunbu学院

子どもたちは、さまざまな経験を積む中で、何かに憧れて「将来は〇〇になりたい!」「〇〇をやってみたい!」と将来の夢を語ります。

 

人は夢を叶えるとき、その夢を強く願い想うことがとても大切です。

 

BunBu学院では、想いを夢で終わらせるのではなく、実現させるための目標をもって物事をやり抜く力を各専門分野で活躍しているトップクラスの講師の指導によって身につけていきます。

 

将来の夢に挑戦して困難を乗り越えていくという意欲を育み、授業を通じてグローバルな舞台でも活躍できるチャレンジ精神を学ぶことができるのが、BunBu学院の強みです。

 

グローバルキッズリーダーを目指す

 

日本は、今まで国際理解力や自己表現を高めてコミュニケーションを学ぶ教育が、積極的にされてきていませんでしたが、近年グローバル社会を生き抜く力が注目されています。

 

そのような力を得るためには、子どもの脳が、完成すると脳科学で言われている1歳~10歳にグローバルに活躍できる心とからだを育むことが大切です。

 

bunBu学院の教育では、子どもに創造する機会を提供して、あらゆる考え方を知って自由な発想を学び、創造力を国際社会に役立てるイノベーション起こせるグローバルキッズリーダーの育成します。

 

 

渋谷から未来を創造できる教育、夢や志を育む学童保育を目指していきます。

Follow me!