中目黒の学童BunBu学院で書道を習う|何歳から始めればいいのか?

中目黒BunBu学院書道

昔から習い事の定番と言えば「書道」ですね。字が上手い、きれいというのは、何歳になっても憧れですね。

大人になってから、書道を習うという人もいます。

近年、パソコンやスマートフォンの普及により、ボタン操作で文字をタイピングするため、手書きで字を綺麗に書くことが苦手な子どもが増えてきていると言われています。

そういった状況もあり、綺麗に字を書けるように、子どもに書道を習わせたいと書道教室の需要が高まっています。

インターネット社会となった現代でも、字を書くことは無くなっておらず、綺麗な字が書けることのメリットがあります。

そこで、何歳から書道を習わせればいいのか?書道の習うメリットをお伝えします。

中目黒 Bunbu学院では、書道をカリキュラムに取り入れており、中目黒近辺の子どもたちが、いきいきとダイナミックに書道に取組んでいます。

書道を習う適齢期は?

早い時期から子どもに書道を習わせれば、効果的と考えている親御さんもいますが、読み書きがまだできていない年齢で習わせても、あまり意味も効果もありません。

また、硬筆と毛筆で、それぞれ適齢期が異なるので気をつけましょう。

毛筆を習う適齢期について

書道を習う基本として、それなりに字が書けるようになっていて、正しい姿勢で集中して座ることができることが必要となります。

小学校3年生になって、習字の授業が開始されるタイミングで習い始める子どもが多いようですね。

子どもの集中力など個人差がありますので、一度、書道の先生などに相談してから決めるのが良いですね。

硬筆を習う適齢期について

硬筆を習うに適した年齢は、文字を覚え始めていて、通っている保育園や幼稚園または自宅でクレヨンや色鉛筆などで自由に何か書けることができることが基準となりますので、4~5歳の年齢であれば効果的に習うことができます。

書道を習うことのメリットとは?

書道を習うことで得られる一番のメリットは「美しい字が書けるようになる」ことです。ただ、書道を習い綺麗な字が書けることだけではなく、その他のメリットがあります。

ここでは、書道経験者が体感したメリットをご紹介します。

集中力が高められる

書道の書き方の基本として「姿勢」、「筆の持ち方」、「腕の構え方」、「書き方」といった基本があります。

  • 姿勢

書道をする際には、綺麗な字を書くための視界と動作ができる正しい体の構え方があります。

  • 筆の持ち方

筆の持ち方にもさまざまな持ち方があります。基礎的な持ち方として指二本をかける「双鉤法(そうこうほう)」と、指一本をかける「単鉤法(たんこうほう)」という持ち方があります。

  • 腕の構え方

書道を書く際の腕の構え方にも、腕を机につけず構える「懸腕法(けんわんほう)」と、腕を机につけて構える「提腕法(ていわんほう)」、机においた左手の甲に右手を載せて構える「枕腕法(ちんわんほう)」といった構え方があります。

  • 書き方

書道の書き方にも、「起筆」「送筆」「収筆」といった書き方の基本があります。

「収筆」にも「止め、跳ね、払い」という基本があります。

この基本を念頭に書く練習をするため、集中力が付いてきます。この集中力というのが、勉強にも活きてくる力です。

文字の正しい書き順(筆順)

書道を習うことで文字の正しい書き順(筆順)を先生から教えてもらえるため、身に付きますし、正しい書き順(筆順)で綺麗な文字を書くことができます。

礼儀作法を覚え身に付く

書道は、字を書くためだけではありません。古来、伝えられている人を思いやる心礼儀とマナー、美しく正しい所作を身に付けることができます。

また、書く文字と向き合うことで、漢字に興味を持ち、国語が好きになったりといいことづくめです。

書道を習うことのメリットまとめ

親御さんにとって、綺麗な字を書くことができるようになり、正しい姿勢などの美しい所作が身に付く書道という習い事は、子どもの成長にとって必要であり、将来の財産となります。

集中力を養い、日本語の漢字のもつ魅力と言葉に対して興味を持つことは、国語という学力の基礎作りにもつながります。

習っておいて損のないものです。

きれいな字をかけるというのは、育ちがいいなと、という好印象にもつながりますよ。

中目黒にあるBunBu学院では、全国書教研連盟の師範の先生の指導の下、丁寧で綺麗な手書きの文字を書くこと以外に個性を活かしながら人間力を養う目的で指導してくれます。

中目黒で書道を習うなんて素敵ではないでしょうか。

TOPに戻る

 

Follow me!