2018年 サマースクールスタート

いよいよ夏休みがスタート致しました。

新年度を迎えて3ヶ月が経過し、学校生活やBunBuでの習い事なども少しずつ生活ペースがつかめてきたのではないでしょうか。夏休みは秋からの新学期を有意義に過ごす為にもとても大切な時間だと考えております。  朝から学習する習慣を付けることはもちろん、声をかけられてから気づくのではなく、個々に学習計画を立て、それがうまくいかない場合は振り返り、再計画をたてて自分に一番やりやすい方法を見つけ、学習やお稽古ごとの練習時間がとれるよう考える時間がたっぷりとれます。     ぜひ、学校生活のリズムを崩さず朝から登院をしていただき成果が出せる夏を目指しましょう。                       4月の新年度から、様々なイベントを実施致しました。課外活動や、普段のBunBuの先生以外の方のスペシャル授業など、たくさんの体験を通して今後も視野、見聞を広げていければと思っております。

先日の保護者会でお話しいただきました算数教室監修の田中保成先生が、「1度でも本物の体験をするとしっかりと記憶に焼き付き経験として残る」と仰っていました。

6月の終わりの暑い日に子ども達は田植えに出かけました。初めての泥の感触は言葉ではうまく言い表せないかもしれません。今週に迫っているサマーキャンプでは海にきます。海にいって潮の香りを感じる事、また去年のキャンプでは山へでかけ山頂の空気を感じる事も経験しました。楽しいイベントではありますが、BunBu 学院での課外活動は学習はもとより豊かな感性を育む上でとても大切だと考えております。もちろんお友達との関わりでけんかをして悲しい思いをしたり、させたりすることも大切な経験です。そういった経験をしていなければ、本を読んだときに主人公の気持ちを理解する事はできないでしょう。自分で考えて善し悪しの判断ができるように日々試行錯誤しながら引き続き努めて参ります。

 

 

 

 

 

 

Post a comment