渋谷、中目黒にある学童BunBu学院でオススメの柔道教室|子供の習い事

柔道教室,渋谷,習い事

日本のみならず世界中に認知されている武道・スポーツ競技の柔道。

試合で勝つための強さだけでなく、「礼儀と礼節をもって試合に挑む」「試合の作法を守る」「試合相手への敬意を払う」など大切なことを重んじる心、社会貢献と他者と助け合う精神も養われるため、昔から時代を問わずに子供の習い事として非常に人気です。

渋谷、中目黒など都内で柔道を習わせようと検討されている親御さんに、柔道を選択した場合の優れた点や柔道をした際の注意するべきところ、オススメしたいBunBu学院の柔道教室についてご紹介します。

柔道を習うことの4つのメリット

 

子供が柔道を習うことで得られる4つのメリットをご紹介します。

身体が強くなること以外にも、成長期の子供にとって必要なことがぎゅっと詰まっていますよ。

精神力を鍛え自信がつく

ゼロから始めて日々練習をしていく中で、柔道の技と型を習得して、以前はできなかったこと
ができるようになっていきます。試合をして勝負に勝つ喜びや負ける悔しさを経験して、新たな目標を持ちながら努力を積み重ねていきます。

そうして精神力が鍛えられ心身の強さを実感した時に、自分の中の自信を見つけて自己成長し
ていくでしょう。

身体を鍛え健康的に

柔道は全身を使って、投げ技や固め技など繰り出すため身体を鍛えなければなりません。

そのために日頃の練習を続けて、食生活にも気を使うため、丈夫な身体に鍛えられ健康的になり、ハードな練習や試合での怪我の予防にも繋がります。

礼儀作法

柔道の精神である「自他共栄」とは、自分のことだけでなく他の人と助け合いながらより良い社会にしていくという意味を持ちます。

その精神をもって「礼に始まり礼に終わる」を教えられ、練習や試合以外の普段の生活の中でもあいさつをしたり、相手を思いやる気持ちを表せるようになります。

子供のころから礼儀と礼節を学べる点でも柔道を習うメリットがあります。

柔道を習う際の注意点について

柔道を始める前にメリット以外に、どういったことに注意するべきなのかをご紹介します。

怪我の危険性がある

練習や試合で相手に投げ飛ばされたり抑え込まれたり、逆に相手を投げたり抑え込んだりと柔道は激しいスポーツのため、膝・肩・足関節などを怪我をしてしまう危険性があります。

そのため練習や試合前の柔軟体操、日頃の練習で受け身などの基礎をしっかりと習得して、怪我の予防に務めましょう。

体格による勝敗

無差別で行われる試合などに関しては、同じ学年でも体重差や体格によって勝敗が決まる場合 があります。

体の小さな女子などは試合では不利と言われることがあります。

ただ、「柔能く剛を制す」という言葉があるように、柔道の技を習得し上達すれば体格差をひ っくり返して勝つことができます。

まとめ~柔道は身体と精神の鍛錬

柔道に限らずスポーツや武道を始めると、身体的な痛みや疲れに辛くなり、練習の厳しさとと もに、自分自身と向き合う厳しさも体験することでしょう。

全ての事柄に向き合いながら、日々精進することで子供にとって大切な自信とやる気が引き出 され、「やればできる!」「目標を達成することができる!」と自分を信じて行動ができるようになります。

柔道で自信を持ち、オリンピックで金メダルを受賞した古賀塾主宰のバルセロナオリンピック金メダリスト 古賀稔彦先生が監修して、その古賀塾のヘッドコーチを務めている小野綾子先生が指導するという、プロフェッショナルな柔道を習うことができる教室があります。

柔道の心技体を学ぶことによって、自信に満ちて人生を謳歌する子供たちを育むことができるBunBu学院オススメです。

TOPへ

Follow me!